一日一言

アクセスカウンタ

zoom RSS 宮崎勤裁判16年に思う

<<   作成日時 : 2006/01/17 22:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

16年は長すぎる。
判決とは関係ないが
そもそも精神異常であれば、無罪というのはおかしい。
罪を犯したものが、どういう状態であれ、
その状態(異常、正常を問わず)で罪を犯したのだから、
その状態で罪を裁くのが当たり前ではないか。
仮にその状態が将来改善される見込みがあっても、
改善後はその罪を犯さないようになるだけで、
犯した罪はなくならない。
ごく当たり前のことではないだろうか。
ようするに、
精神異常であろうがなかろうが
宮崎勤は極刑を免れない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
宮崎勤被告の死刑確定
宮崎被告の死刑確定へ 最高裁が上告棄却 東京都と埼玉県で1988―89年、幼い女の子4人が相次いで連れ去られ殺された 幼女連続誘拐殺人事件で誘拐、殺人、死体損壊など6つの罪に問われた元印刷業 手伝い宮崎勤(みやざき・つとむ)被告(43)の上告審判決で、最高裁第3小法廷は 17日、1、2審の死刑判決を支持し、被告の上告を棄却した。死刑が確定する。4人 の裁判官全員一致の判決。 ...続きを見る
今話題の情報を集めています。
2006/01/29 07:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
宮崎勤裁判16年に思う 一日一言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる